鉄拳タッグトーナメント 格闘アクション


つっ遂に手に入れましたァァ! ヒャッホーーイ!

鬼武者と言う名の尊い犠牲の為(鬼武者レビューをご覧になった皆様へ:やっぱり売っちゃいました)にも、

ここはやりこんでやりこんで目が真っ赤に充血して赤い涙が出まくっても、更にやりこんでいきたい!

 

基本的には、「ペアを組める鉄拳」なだけなので

ファン以外の方にはあまり参考にならないレビューになると言えましょう。

しかし、それでも読んでくださる貴方に私は感激の涙を禁じ得ません(勝手に読んでくれる事決定)

前回「鉄拳3」のレビューが全くレビューになっておらず、

私のナムコへの捻じ曲がった愛情が垂れ流されていただけだったので、

今回はちゃんとレビューします! 誓えませんが(ダメじゃん)

 

とりあえず購入して、2日が経過しましたが

おそらく20時間はプレイしていると思われます。

そして全キャラ出現完了。総勢で30名以上いますが、

どいつもこいつも煮ても焼いても食えねぇヤツらばかりで、非常に愛着が持てます(矛盾してませんか>俺)

このキャラクターの個性が、鉄拳人気の要因の一つとなっているのでしょうな。

相変わらず平八は73歳にして鉄拳王だし、一八は髪が立ってるし、クマは踊るしで

幾分も変わっておらぬ彼らに、久々に故郷へ帰ったような懐かしさを覚えることでしょう。

俺だけですね。はい。

 

でも、何も変わっていないワケじゃあないんですゼ旦那ァ!

まずPS2になってグラフィックが超美麗に!

筋肉がテカっており、筋肉マニアにはたまらねぇ逸品となっているのかッ!?

ていうか、カンガルー! お前リアルすぎだ!

なんつーか、前作の拙いポリゴングラフィックから、ここまでリアルになっちゃったのを見ると

リアルドラえもんを見たような不気味さを覚えるんですが!

「わたしのゆめは、おーすとらりあにいって、かんがるーとあそぶことです」

と言ったような願望を抱いてる子供に見せたら、泣き出す事必至!!

他にも平八の発電とかもトビッキリのパワーアップですぞ。

これを見られただけでも、今まで生きてきた甲斐がありました(感動しすぎ)

 

おっと待った! それだけで納得しねぇでくんな!

グラフィックだけじゃねぇんだ技も増えてるんだ!

ものすごい量の技を状況に合わせて使いこなす事が出来れば、君も今日から近所のヒーローだ!(謎)

技を練習できるプラクティスモードもパウアーアップしてたりして、

もうこれは手が腐って落ちるまでプレイ三昧するしかねぇ!

嘘です。

 

なんか気がついたら、勢いだけになってました。

でも勢いがつくのを我慢できないほど楽しいんですからしょうがないよね兄ちゃん?(誰?)

そうそう、某誌のレビューに「オマケ要素が少ない」などのコメントがありましたな。

確かに、PS「鉄拳3」よりは若干少ないです。

しかしとんでもねーミニゲームがあるんスよ。

これは実際に見て、笑っていただくしかないです。しかもハマります。

 

今感じているのは、

「あぁぁ何でもっと早く買わなかったんだぁぁぁ」という開墾違う悔恨の念です。

やっぱり鉄拳は鉄拳である限り楽しくないはずがないので、君も是非鉄拳を購入して鉄拳野郎になっていただきたい!

以上、鉄拳野郎kohmaからのお知らせでした。


BACK

HOME