数陣タイセン  対局型パズル

 

パズります

うっわ今超ひらめいたマジピンとキた! このゲーム一言で言っていい?
これね、カード版ゴルビーのパイプライン大作戦


よし、今日も順調にアラサー以外置いてけぼり大成功!!(ガッツポーズ

んーでもアラフォーとかアラフィフとかアラ還とかの為に一応解説しておくと(年下配慮無し)
手持ちのカードがあるじゃないですか、そのカードにはパイプの絵が書いてあってそれが縦横4方向のいずれかに伸びてるんですよね。
で、それをマスに並べてパイプを繋げていくんです。
でもそれだけだと本当にゴル戦(業界用語)になっちゃうので、追加フィーチャーとしてカードに数字が書いてあります。
パイプを繋いで、数字が1→2→3や4→4→4という並びになってると得点になる仕組み。
数字以外にも、パイプがぐるっと循環するように繋げたり、パイプが途切れてるところをなくして綺麗に繋げたりすると得点をもらえたり。
で、決められた得点を先にとったほうが勝ちと。そういうゲーム。

つまり数字を使ったパズルなんですが、ルールは凄まじく単純。出てくる数も1から5までだし。
「おれ どうぶつ だいすき」とかカタコトで話して、幾らレベルが上がってもMPゼロのままのバーバリアンさんにも存分にお楽しみいただける内容となっております!
相変わらず例えが冗長です!kohmaです!(しかも分かりづらいです!)


遊べるモードは、カード並べて失われた大陸を復活させれーと無茶な要求をされる1人プレイ用の物語モード、詰め将棋のように決められた手札でお題を解いていくお題モード、そしてWi-Fiやダウンロードで対人戦が楽しめる対戦モードが用意されてます。
いやどれも結局やる事変わんないんだけどね(言いました)

 
あたまがほぐれる

上記のようにですね、ルールは大変シンプルなんですよ、このゲーム。
でもだからといって遊び応えがないかと言えばトンデモナイヨーソレ! ソレワタシノ国デイッタラタイヘンヨチノアメフルヨ!ってハンナが言ってた(誰

手持ちのカードはたった5枚しかないし、しかも書いてある数字が同じでもパイプの数や向きが違うから、既にマスに置いてあるカードを見つつどうすれば高得点につなげられるか考える必要があります。
しかもあなた、これ敵もいるからね、よっしゃー次にここに置けば高得点ゲットーとか思った直後、しれっとそこにカード置いてくるから。なんなの?(思い出し怒り)
あと、もちろんカードゲームにはお約束のアイテムカードもありますし。
やーこれはもう勝てないなー嗚呼オレはCPUに負けるのか0と1しか区別できないデジタリアン(何)に負けんのかもう死にたいとか思っていても、ふとアイテムカード使ってみたらビックリ高得点になっちゃったりして、うっひょーアナログなめんじゃねーこんのデジ公が!みたいな爽快大逆転も可能なんスよ!
ルールはシンプルだけど打てる手はすごく多いという意味では、つまり将棋とかに似てるんスかね? いや将棋よくわかんないけど。なんか攻め方とか戦法みたいのあるんスよね? 矢倉囲いとか、あとゴルビーのパイプライン大作戦とか(もう言いたいだけです

それと、これも頭を使う重要なファクターなんですが、カードの色によって「自札」と「虹札」の2種類に分けられてまして、基本的には自分の自札(自分の色の札)の隣にしかカードを置けないです。
だから自札ばっかり置いていれば、対戦相手がいきなり自分の札の隣に置いてきてパイプ繋ぎを邪魔されたー!という事が少ないと言えましょう!
しかしどっこい虹札。これは誰でも好きに隣にカードを置ける、いわばジョーカーみたいな代物で、一見便利そうなんですがはっきり言ってあんまし使いたくないです。誰でも隣にカードを置ける=パイプ繋ぎを邪魔される率が超アップするからですネ。
でも手持ちの札に一度入ってきた虹札は、使わなければずーっと手持ちのまま無くならない! じゃあどのタイミングで使えばダメージを最小に抑えられるのか。 パイプ的には超ぴったりな感じなんだけど虹札だから次の手番までに相手に邪魔されたら・・・とか考えるジレンマ! これが・・んもぅ・・・たまんない!!!(禁断の快楽

 

Wi-Fiを抜けると・・・そこは無人の荒野だった

このゲーム、もちろんテーブルゲームですから人間相手にバトっちゃったりできるわけなんですけども。
家に友人を集めてプレイすればもちろん激ハマり必至ですが、そうそういつも人を集めてらんないし
夜中に急に対戦したくなっちゃったりした時に友人に電話かけて「オレオレ、ちょっと数陣タイセンやんない? あと事故ったから数百万円振り込んで。急いで」とか言ってたりすると、いつの間にかリアルフレンド数がゼロになるので(原因違う気がします)、ここは是非Wi-Fiすなわちオンライン対戦で世界の強豪たちと死闘を繰り広げていきたい!!!
というワケで、さっそくWi-Fi対戦を選択ッ!!! Aボタンポチッ!!
「Wi-Fi接続を開始しますか?」 Yesポチッ!


「対戦相手を探しています」  おらおらおらかかってこいやーーーーっ!!!

「対戦相手を探しています」  おっしゃどーんと来いってんだ!!

「対戦相手を探しています」  んんー腕が鳴るぜー

「対戦相手を探しています」  ・・・

「対戦相手を探しています」  あー

「対戦相手を探しています」  うん、オッケー分かった(笑顔でDS電源OFF)

やー、 ね。
いないね。いないの。人。
何というか、情報が溢れ返っているインターネットに接続してるはずなのに、相手してくれる人が見つからないってのは
なんかこう、心が渇く。カラカラになる。愛という名の雨をオレの心に降らせて欲しい(何を言ってるか

そうなんですよ、こういうオンラインプレイを提供しているゲームの宿命だとは思いますが、
発売から時間が経つとプレイ人口が減ってしまい、せっかく用意されてるオンラインプレイが実質使用不能になってしまうとです。
嗚呼、みんなやればよいのに。面白いのに、数陣タイセン。畜生。こんな世の中じゃポイズン。

 

溢れるしわしわ

ネット上でも「やってみたらすごく面白かったです!」とか「友達に勧められて買ったらハマりました!」とか
そういう声が多数聞かれるわけなんですが、なんか「予想外に」面白いって方ばかりです。
「もう超期待しまくりで発売直後に店へ猛ダッシュすわゲットォーー!!」という人は見たことありません。
理由はもう超明らか!! 一度やれば速攻でわかる明らかさ!!

あのね!
地味だ! 地味すぎなんだ全体的にまんべんなく!!
まずテーマが風水!! いきなりターゲット絞り込みすぎ!! この時点でもう、選ばれし者しか手にしない!
そして登場人物! まずいきなり爺さん! しわしわよぼよぼ! ゲームスタート直後に出現してゲームシステムを解説してくれる親切爺なんだけども、いやうん、風水だから爺さんってのもまぁ割と分かるんですけど、もうちょっと。さ。うん。
で気を取り直して、次の登場人物は!?

いない!


こっこれは凄いですよ!? 出てくんの爺さん1人だけ!
しわしわ率100%! そしてプレイヤーに媚びる気0%!!
もう客に怒る頑固職人のラーメン屋も裸足で戦線離脱する硬派さ!!

そして購入の重要なきっかけとなるはずのパッケージイラストは、何か江戸時代みたいな絵柄の男性(目と口は点)2人が何か筋斗雲みたいなのに乗っかってマスにカード置いてます。
見てると胸の辺りがモヤモヤする感じです。
「・・帰んな。あんたにゃあ無理だ・・・」って言われてる気になってビックリします。いやそういう気にしてどうする。

もう損しまくりですこれ。
いやもう売る気ないでしょ。
せめて主人公を若い男や女にしたりして仲間とともにバンバン出すようにすれば・・・。
なのに爺さん1人・・・。どうして・・・。

何かさ、もう一回仕切りなおして、システムを踏襲しつつキャラクターものでポップな感じにした新作を出しませんか任天堂さん。あっ、マリオ使おうよマリオ。ルイージクッパピーチが出るだけでもうウハウハっスよ!!!
うん? 数陣タイセン? 何の話?(闇へ葬る

 

国民的パズルゲーム

というワケで近年まれに見る地味さの数陣タイセンなんですが、そこに目をつぶって純粋にパズルゲームとしてのレベルを評価するならば、安定した楽しさ&単純さ&奥深さを兼ね備えた超一級品であると断言できます。
オセロとか将棋とか、そういう老若男女に末永く愛される資格を持つゲームと言っても過言じゃないと思います。
地味だ地味だ散々言いましたがゲーム中のエフェクトは割と派手で、高得点を取った時などはズギャアアッ!!的な音とメギャアアアッ!!!的な画面効果が現れたりして、爽快感を味わえたりもするし。
あと1戦が長くても5分くらいで終わるというスピーディーさも良いですな。DSの趣旨に合ってるというか。通勤通学の途中でスチャッと取り出してサクッと楽しめてスカッと爽やか的な。

なので、マジでいやホントもう壊滅的に地味で地味で道端に落ちてる軍手しかも片方だけくらい地味(言いすぎ)な本作ですが、買えば末永く楽しめる逸品ですのでパズル好きは是非買え買え。
しかも前述の理由から超やっすいし。 ボクはワゴンセールで新品1000円ポッキリお買い求め。
いやでも面白い面白いって前々からネットで言われてたから超買う気になってて、そのタイミングでワゴンで見たのに、それでも躊躇したからねコレ! なにこのパッケージの魔力

 

 

 

BACK

HOME