四川省 for Win32 麻雀牌パズル


「あー気付いたらもうこんな時間だよ今日も学校遅刻しちまったぜっていうかもうマウスから指が離れなくて無理矢理離そうとしたら腕ごとモゲそうなんで今日は学校行くのヤーメタっとさぁヤな事はすっぱり忘れてもう一勝負だコルァ!」

と、俺を大学に5年半も通わせた元凶の一つとなったゲームが、この四川省であります。

 

見た目は、平面上海。同じ絵柄の牌を2つ選んで消していくという基本システムも上海と同じです。

ただ平面なだけに、ルールは上海より単純です。

元々単純な上海よりも更に単純だってんだから単純な脳味噌を有する俺にも単純に理解できて単(略)

あ゛ーごめんなさい、イライラしないでくださいよー。もうしませんからー。(やる気なさげに)

 

まぁ、そんなゲームなわけです(いつも思うが、俺って文章のまとめ方強引すぎ)

ていうか、まとまってない(死)

でもいいよね? ここ読んでる人は、ちゃんとしたレビューなんて期待してないよね?(爆)

ってまたこれで横道にそれて、何度も同じ過ちを繰り返すな>俺

 

まぁ、そんなゲームなわけです(同じ過ちに気付くのが遅かったようです)

ではその超単純な基本ルールをご説明しましょう。

まず基本的に、上で言ったように同じ絵柄の牌を2つ選んで消していき、全て消したらゲームクリアです。

んでも同じ絵柄でも、消せる牌には制限があります。

「他の牌をよけて3本の直線の組み合わせで結ぶことが出来る牌」のみ、消すことが出来るんです。

つまーり、□が絵柄の同じ牌、■を他の牌とすると

   □
■■■■■
 □   
↑の□は消せますが、
   □
■■■■■
■□  ■
↑の□は消せないわけでーす。

お分かりになられたでしょうか?

上の図は、直線3本の組み合わせで□同士を結べるけど、下の図は直線を4本使わないと結べませんよね?

 

ルールはそれだけ実に単純冥界です(どんな)。

あとはひたすら、消せる牌をちまなこになって探すのみ。んー実にストイック。

ポイントは、「組み合わせる直線の長さに制限が無い」ってところでしょか。

だから一見消せなさそうな2つの牌が、よーくルートを考えるとちゃんと消せたりして、

それを発見した時のはしゃぎようったら無いゼ!(俺の)ってな具合なんです、これが。

 

それと、クリアまでの所要時間がハイスコアとして記録されるってのも個人的にオツ&ツボです。

というかこの要素のせいで俺は5時間ぶっ続けでマウスをカチカチ鳴らせ続ける四川省マンキー(monkey)と化したワケです。

もちろんプレイするごとに牌の配置が変わるから、「あーこんなに時間かかってたらダメじゃんヘボじゃん! つーかいい加減疲れてきたなぁそろそろ止めるかー・・・。 ・・でもちょっと待てよ? 今までヘボい配置ばかりだったから、もうそろそろナイスでどんどん牌が消せちゃうラックショーな配置が来るのでは? よっしゃ! 希望とエネルギーがグングンと湧いてきたァ! kohma逝っきまーす!」

と、これを毎回繰り返してしまうワケなんですな。

よく「ゲーム中毒」とか言いますが、俺はこのゲームで初めて「中毒」を実感しました。

いや正味の話、これドラッグっすよ奥さん!(誰)

 

あ、そうそう。肝心なことを言うのを忘れておりました。

このゲームは、フリーソフトです。もちろんオンラインで手に入ります。

「忙しくて遊ぶ暇ないけど、実はパズルゲーム大好きなんだよネー! 試しにちょっとやってみっか!」という方は是非、

遊ばないでください。

いやマジで! 見てくださいよこの俺の有様を!(死)

せめて暇な時間が大量にある時にダウンロードして遊んでください。

ただし意志の弱ぇヤツは、こうなることを覚悟の上でプレイするようにな。(誇らしげに腕組み)


BACK

HOME