風来のシレン外伝 女剣士アスカ見参!  RPG

 

参った

のっけからゴメンナサイ。
本ソフト、パソコン版パッケージという事で、クオリティをナメておりました。
何故なんでしょうね、このナメ感は。
やはり多くの一般の方々がプレイなさる家庭用ゲームと比べてユーザが少ないから、そんなに気合入れて作ってないだろうとか思ったんですかね。
それと、なんか以前から俺はPCゲームに対して全般的に粗削りに作られてるなぁ的感想を持っていたりしてたのもあるんでしょうな。
ところがどっこい「女剣士アスカ見参」!
こいつぁスゲェ! これはプロの仕業です!
細部まで決して手を抜かず、一滴一滴落ちるのを見守るドモホルンリンクルが如く、丹念に作り上げられた逸品です!
というか、「風来のシレン」ファンの心理をよく理解しているスタッフが作った珠玉の一作であると言えよう。

ちなみに、「風来のシレン? 知りません存じ上げませんおととい来やがって下さいファッキン」な方は、「風来のシレン2」のレビュー内にて、システムとかを分かりにくい言葉で説明しておりますので、何とか理解して下さい。(横暴)

あ、これってドリームキャストでも発売されてたんスね。
あー。
でもメンドいから修正しませんフンだ!(拗ね

 
そうそうこれこれこの感じ

俺が一体どこにそんなに感動してるのかと言うと、まず上でも挙げた「非常に丁寧な作り」があります。
プレイヤーがゲームを開始して・遊んで・やめるまで、しっかりとおんぶして支えてくれてる感じです。
安心して気持ちを預けられるというか、プレイヤー側でちょっとした「覚悟」を必要としないゲーム全体のインターフェイスおよびレスポンス。
この気持ち楽チンっぷりに、まずやられたワケです。

そして次に、シレンのファン心理を読んだゲームの作り。
世界観や登場するモンスターについては、もちろん前作までのプレイヤーの期待を裏切らず、馴染みのキャラクターが、さも当然のようにひょっこり登場致します。
そして、個人的に重要だと思ってるのが、あのドラゴンクエストの「すぎやまこういち」作曲の、のどかだったりおごそかだったりおどろきだったりするBGM。
これがシレンを最も象徴付ける要素の一つだと勝手に思ったりしてるわけですが、この「女剣士アスカ見参!」では 初代シレン(スーファミ版)のBGMを非常に多く使っていたりしてるんですよ!
誰だ「なんだ使い回しかよ」とか言ったヤツぁ!!
考えても見なさい貴方、もし本作のBGMが某コムロ作曲だったりしたら!
田んぼ道でモンスター相手にこんぼうで戦ってる時に、「EZ DO DANCE」
山道でおにぎり食ってる時に、「WOW WAR TONIGHT」
・・・。
後者は、ちょっとマッチしてるかも。

いやまぁとにかく、水戸黄門といえば「人生楽ありゃ苦もあるさ」であり
ドラクエといえば荘厳なるオープニングテーマであり、
風来のシレンといえば初代シレンのBGMなんですよ!んもう!(突如キレ

でも、上記で挙げた2つのナイスポイントは、別に本作品だけではなくて、風来のシレンシリーズでは共通のものなのです。
だからシリーズ新作が出て、それをプレイするたびに、「あー帰ってきたなぁここに」的なノスタルジーを感じるワケなんです。

 

ちょっとRPGっぽくなった

シレンシリーズでは、ステージをクリアするか途中で倒された時に主人公のレベルが1に戻ります。
よく考えたら、これってRPGとはいえないのでは・・・?とか思ったりもします。
やっぱりRPGと言えば、自分が遊んだ時間に伴って主人公が超強くなっていったりしてヒャホーィ!みたいな成長感がキモであったりしますよね。
まぁシレンシリーズでは、ゲームを遊ぶ人間のレベルが上がるんですけどね。「このシチュエーションでは、こうすれば大丈夫」みたいな経験則を得る事が出来るというか。
本作でも多分に漏れず、主人公アスカのレベルは1に戻るんですが、今回初登場(だよね?)のエレキ箱に限っては、死んでもレベルが戻りません。
エレキ箱ってのは、要するにモンスターを仲間に出来るヨ一緒に冒険できるヨ的フィーチャーなんですが、こいつらは主人公と同じく、敵モンスターを倒すごとにレベルが上がっていくんですね。
でも死んでもレベルは1に戻らない、と。
これは非常にやりがいがあります。なんせ努力がリセットされないんだから。積み上げるだけ積み上げられる。
ゲーム製作者の「レベル上げられるもんなら上げてみな」という挑戦状としか思えません。
よーっしゃコルァがんがん上げたるわァビビッてお小水漏らしても知らねェぞ!となり、やる気が超アップする事受けあいです。

 
なんかすごいボリューム

今作は、物凄いボリュームがあります。ダンジョン沢山。
しかも一つ一つクセのあるダンジョンばかりで、一様の攻略法では制覇する事は不可能です。
例えば、いつもは自分が引っかかり悔しい思いをする「ワナ」を利用して、敵を倒す「カカ・ルーの試練」。
エレキ箱を利用して敵を倒す「ブフーの試練」。
自分のレベルが一切上がらないので、持ち込むアイテムで勝負が決まる「リーバの試練」。
もう挑戦状叩きつけられまくりです。
たまらんです。
レビュー書いてる間に、また挑戦したくなってきましたそれじゃあまた!!(意気揚々と

 
シレンエキスは麻薬の味

・・・ ただいま(デブータの石で圧殺されました

今遊んでみてしみじみ感じたのは、やはりシレンシリーズは「パズル要素とギャンブル要素のバランスが絶妙」だなぁという事ですな。
どんなに経験あるプレイヤーでも運が悪ければあっさり死ぬし、
初めて遊ぶプレイヤーでも運が良ければ楽にクリアできたりするんですよね。
この「次こそは!」という気持ちをかき立てるのが非常に上手い。
で、遊ぶたびにセオリーとかを自然に覚え、プレイヤー自身のレベルが上がっていき、今まで死にまくってたダンジョンをクリアできたりした時の喜びを一度でも味わうと、もう戻れない。
ズィスイズ麻薬

だからこのゲームは、「忙しくてゲームする時間なんか無ェよアホンダルァ!」といった趣の方にはオススメしません(というか、そういう人はこんなページ見ない)
「ゲームは最高だ!ゲームの為なら死ねるし死んだ後に速攻で生き返られる!それくらい最高なので面白いゲーム教えれ!」といった案配の方に是非是非オススメします。

なんかシレンをやってると高齢化に伴うボケ防止によろしいような気がします。
そういう効果があるか、どなたか試してみて下さい。10年くらいのスパンで。(酷

 

 

 

BACK

HOME