ポップンミュージック ミュージックアクション


ビートマニアのヒットで気を良くしたコナミが発売した、リズムアクション第2弾。
正にタイトル通り、ポップでキュートなキャラが出てくるのですが
なんつーか、たとえビートマニアの達人であってもこのゲームをなめてかかると死にます
見た目通りの簡単なゲームじゃあないんですよ、これ。

どこらへんが難しいのか、と言うと
とにもかくにも鍵盤が多い!
押さなきゃならんボタンが、全部で9個あります。
間に合わんって。
全神経を集中するので、脳のいつもは使わない部分を使ってそうな気になります。
・・・俺だけ?

あと、ビートマニアと違うところは
鍵盤が9個あるだけに、例えば右端と左端のキーが一緒に出たときに
距離が離れてるので同時押しか、少しずらすのか、という判断がしづらいってところでしょうか。

難しい反面、クリアできた時の達成感はビートマニア以上ってこともありますが。
「こんなの弾けるかよ!」みたいな無茶な譜面が出たときも、かわいらしいキャラのおかげで
「ま、しょうがないか」という気にさせるしね。逆に腹立つ人もいるかもしれんけど・・・。

タイプ的には、一人でコツコツプレイよりはパーティ・接待用のゲームでしょうな。
9つある鍵盤も2人で分ければ、楽々完全勝利!!(かどうかは定かではないが)
恋人同士なら、良い雰囲気になれること請け合いです!

んーしかし・・・ゲーム的に気になった点がいくつか・・・。
ビーマニをやった人なら誰でも気付くことだと思うけど
曲数が少ないです。
まぁその分ジャンルはバラエティーにとんでますが、やはり物足りなさは拭えません。
(あ、「ギャンブラーZ」の曲は必聴! 一昔前のロボットアニメものの主題歌ライクで、イイ味出してます)

あと、専用コントローラーが敏感すぎ。
ちょっと触れただけで押したことになってしまうので
そこらへんに気を使いながらプレイしなきゃならんです。
ましてや、逆にボタンの固い某ア○キー製のビーマニ用コントローラーに馴れた後だったので・・・。

・・・とまぁ不満点がけっこう目立ってたワケですが、結局はハマっちゃいました。
もう、基本的な「リズムに合わせてボタンを押す」っていう部分が
揺るぎ無い面白さを確立しちゃってるから、面白くないわけがない。

まだ3・4作品はイケるでしょう。
ズルいや、コナミ。


BACK

HOME