武蔵伝 アクションRPG


急にアクションゲームがやりたくなって購入してしまいました。
いや、俺がゲームを買うときはいっつも、突然メーター振り切れ衝動買いなんだけど。

ちなみに、これはスクウェアのゲーム。
超美麗ムービーを期待してしまうのは、俺だけではないはずだ!
今回はどんなCG映像で俺を驚かせてくれるのだろうか・・・などと、期待しながらスタート!!

いきなり2頭身ポリゴン

・・・・・。

何か、指人形の劇を見ているみたい・・・。

・・・・・。

ま、まぁこの後に、目の覚めるようなムービーが挿入されるに違いない。うむ。



そのままアクションシーンに突入

・・・もしかして、ムービーが無いのか?
俺のスタート3秒前までの期待は見事に裏切られたのでした。

でもまぁ、アクションゲームとしては、十分に期待に答えてくれました。
対象年齢10歳以下みたいなグラフィックに騙されちゃいけねぇ。
これがなかなか難易度高し。
少なくとも、その時ロールプレイングやシミュレーションばっかりやってた俺にはかなりの手応えがありましたね。
このゲーム特有のシステム「ゲットイン」をうまく使わなきゃ先には進めないし、
ボスも弱点を見つけるまで大変だし。


しかし、俺が何と言っても気に入ったのは、コレクター魂をくすぐるシステムの数々
まず、敵に捕らわれている人々を見つけなければならない!
これはストーリーにも関係してくるので、嫌でも探さなきゃならんけどね。
そして、小動物ミンクーを探す!
こいつらは一匹見付けるたびに最大HPが上がるので、探す価値あり。
で、究極なのがフィギュア

何でフィギュアか?

俺はその疑念を抱いてやまないが、とにかく主要登場人物たち+敵キャラのフィギュアがあるのです。
ボスのフィギュアなんか、誰が作ったんだ? アンタ、ボスの姿見たんかい!
しかも、これらは街で売ってる。 どないやねん。
でもやはり、金を払ってでも集めたくなってくるのでした。これだから、マニアは・・・


てなわけで、結構お気に入りなゲームなんだけど、一つすっげぇ気になった事が・・・。

ストーリーが尻切れとんぼ

最後があまりに唐突に終わり過ぎですな。
結局、武蔵はどうなったのか?
小次郎はどうなったのか?
リキュールはどうなったのか?
ブランディはどうなったのか?そして

俺の好きなボルドー(声優 千葉繁)はどうなったのか?


スクウェアさん、ソフトをいっぱい作るのはいいんですけど
一本一本もっと丁寧に作りませんか?


BACK

HOME