かまいたちの夜 特別編  サウンドノベル


えー今時「サウンドノベルって何?」と言う人はいないと思いますが(いたら謝罪)
一応説明しておきます。

簡単に言うとその名の通り、(サウンド)+小説(ノベル)です。
画面に小説が出てきて、その演出として効果音が鳴るということですな。
でもそれだけだったら、わざわざゲームにする必要はホトンドないけど
サウンドノベルのすごい所は、「自分の意思を反映できる」こと!
プレイヤーはその小説の主人公となって、色々な局面での行動・思考の選択を問われます。
その選んだ選択肢ごとにシナリオが枝分かれして、変化していくところが普通の小説との一番の違いなんですねぇ。

・・・つーか、知ってる人なら誰でも簡単に説明できることを、何で俺はこんな偉そうに書いているんでしょうか?
誰か教えて(阿呆)。

まぁとにかく、上で偉そうに説明した通り、サウンドノベルはシナリオが命!
小説部分が面白くなかったら、全然やる気にならないのはみな同じ。
しかし、そこはさすがサウンドノベルの老舗(?)チュンソフト!
実に面白い。 シナリオ書いた人は我孫子武丸さんという人らしいです。
ん? おお、藤子・A・不二雄さんの名字と同じだ! だからどうした!(1人ツッコミ この後1人泣く)
謎解きとしてはどっかで見たような感じですが、かなり良いです。

知ってる人も多いと思いますがこのゲーム、スーパーファミコンからの移植なんですな。
ただそのまんま移植するのはアレなので、PS版では新シナリオ&フローチャートが追加されてます。
新シナリオは読んで字の如くですが、フローチャートとは何ぞや?
さっきは偉そうに説明してしまったので、今度はへりくだって説明します。

ははぁ(土下座)。
フローチャートというのは、自分の選んだ選択肢をツリー形式で一覧表示するものでございます。
これをご覧になられれば、貴方様のまだお選びになられていない選択肢やルートが一目瞭然ですので、
全シナリオを制覇なさられる時などでは、大変重宝するのではないかと思いまする。

・・・殿様に進言する武将のつもりでやってみました。回りくどいですね。 ええもうやりません。
まぁそういう機能なんです。
しかも一度通ったところならいつでもそこから再スタートできるので、マジで重宝します。

俺は普段、小説なんてこれっぽっちも読みません。
それどころか学校の教科書も読んでませんしね、ははは(問題アリ)
そんな俺でもこのゲームはハマりました!
このゲームをやってから身長が4cm伸び、視力も1.5まで回復!
友人からも「明るくなったね」と言われるようになりました!
だから活字が苦手な貴方に是非オススメしたい!
つーか、やれ!
ええいうるさい! 四の五の言わずにやらんかァァ!!!

てな具合に一部(つーか大部分)嘘があったけど、マジでやってもらいたいです。
4800円とお求めやすくなってますし。ね。
俺はこの勢いで、次に出る「街」も購入予定です。


BACK

HOME