チョコボの不思議なダンジョン2  RPG


今やスクウェアのマスコットにまで成長したチョコボが主人公なRPG。
ターン制を採用してるので、シミュレーション色も結構強いです。
つまり、自分の行動→敵の行動→自分、と繰り返していくわけですな。
前作では敵が近付いてきた時だけ、リアルタイムバトルになったけど
それが不評だったのか、今回の完全ターン式に変わりました。俺もこっちのほうが好きです。

このゲームの特徴の一つが「武器・防具の合成」
2つの武器・または防具を合成して1つに出来るというスグレモノ。
その時、特徴まで1つに出来るんですね。
つまり、「破壊の剣+はやぶさの剣」で「はかぶさの剣」を作るような・・・。
え? 知らない? ドラクエ2であったよね? とんでもない破壊力で連続攻撃できるという・・・
一種のバグを利用して作れるんだけど、確かハーゴンの城で・・・・・・

話がそれて「懐かしの裏技(もしくはウルテク)集」のコーナーになってしまいそうなので、やめましょう。
まぁその合成を使って、自分オリジナルの武器・防具を作れたりするわけなんですよ。
これがなかなか楽しい。色々な効果の出る種やエキスもあるし。
これで「最強の武器・防具を作る」というのが楽しみ方の1つの道でしょうな。

で、それに相反する楽しみ方として、「不思議なハネを集める」道があります。
耐久力が0になると武器・防具は壊れるんだけど、その時に「不思議なハネ」っていうモノを出す時があって
これを持ってると、例えばファイアを広範囲に唱えられたり、防御力がアップしたりといい事たくさんあるんです。
強い武器・防具になるほど、いいハネが手に入りやすいってのもミソ。

さて困った。
一体どちらの道を極めればよいのか?
「先にハネ全部集めてから、強い武器・防具を作ればいいじゃん」という声が聞こえてきそうだが
大事に育てた武器をあえて壊すのは、かなり悲しいものがあるとですよ・・・。
それに、その方法は膨大な労力が必要だし・・・。・・・でもハネは欲しい・・・。
俺は二つの道の岐路に立って数時間悶え苦しんだのだが
結局「壊すのは忍びない」ということで「最強武器・防具の道」へと進みました。
あーあー、どうせケチくさいですよ俺は。ケッ。

絵柄がカワイイので、難易度も低いのかと思われがちですが、少なくとも前作よりは難しいです。
っていうか前作が簡単すぎたから、今回はちょっと難しめにしたんでしょう。
それでも、「こんなくらいの難易度じゃ俺は満足できねぇ!もっとスリルを!!」という貴兄には
スーファミの「風来のシレン」byチュンソフトをオススメします。
チョコボとは比較にならないスリルを味わえるでしょう・・・。

このゲームのもとになったのは、上記「風来のシレン」または「トルネコの大冒険」ですが
その元祖モノとこのチョコボシリーズは、全くの別物と俺は考えてます。
まぁあえて関係を持たせるとしたら、「チョコボ」は「シレン」の入門用と言えなくも無いかも。
だから、シレンやトルネコをやった人は
「チョコボなんか面白くねぇ!」とか「全くもって畜生にも劣る!」とか「殺してもまだ飽き足りねェ!」とか言わないように。言わないか。


BACK

HOME