サターンボンバーマン アクション


いやぁ、驚いた驚いた。
まさかボンバーマンの声が「キテレツ大百科のコロ助」だったなんて。

ぬ。のっけからスミマセン。
あまりに驚いたもので。では、本題↓


やっぱりボンバーマンは楽しいですなぁ。
対戦プレイなんか、一度始めちゃうとあっと言う間に2・3時間はたってしまう。
それほど、中毒性が高くて完成されたゲームということですな。

ちなみにこのサターン版では、「ストーリー」と「対戦」の他に、「段位認定モード」なるものがあって
自分の腕前を判定してくれたりします。
全20ステージで、得点と時間によって段位が変わるっていう仕組みらしいです。
ちなみに俺のボバる度は1級でした。

とまぁ、1人でも色々遊べるように工夫されてるけど
やっぱり面白いのは対戦です

何故か我が家には、コントローラーが4つあるので

友人を呼んで日夜対戦に明け暮れています。
もう果てしない回数をこなしてますので、ある意味悟りがひらけてきてます

そこで、「どうしても対戦で勝つことが出来ない」方にアドバイスを!

アドバイスその壱:
何はともあれ「キック」!
「キック」を取れば爆弾を蹴ることが出来ます。
攻撃にも防御にも使えるスグレモノなので、まずはコレをゲット!
アドバイスその弐:
キックした爆弾をL・Rで止めろ!
キックした爆弾は放っておくとどこまでも行ってしまうので、敵の目の前でL・Rを押して止めよう。
ただし、蹴った爆弾の行方ばかり見てて、いつのまにか自分がやられてたなどという事にならないように。
アドバイスその参:
ミドリティラのダッシュの乱用は禁物
よくダッシュ中に爆風に引っかかります。ティラは急には止まれない。
アドバイスその四:
ピンクティラのジャンプで緊急回避
爆弾に囲まれて動けなくなった時、タイミング良くジャンプすれば爆風をやり過ごせる!

ってな感じでしょうか。
他にテクニックとして、「爆発ギリギリまで待ってキック」というのがありますね。
これは相当効く。

賞味期限切れのなまものを、宅急便で送りつける」みたいで多少気が引けますが。


最後に、痛いほど身にしみて感じる事を一つ。
これぞ、ボンバーマン対戦の真理と言っても過言ではないかもしれない。

如何なる時も冷静沈着に

出来そうで出来ないんだよなぁ・・・・。


BACK

HOME